可憐な花

平成29年8月16日 村上市 天蓋高原にて

若い頃は何も考えずに目的地まで車を走らせたものだ
今はふと目に留まると立ち止まってしまう
その立ち止まった場所がここ「トンボ池」天蓋高原はもうすぐそこなのに・・・

d0370716_03592004.jpg

# by hotline0210 | 2017-08-24 01:48 | 村上市 | Comments(0)

平成29年8月19日 小千谷まつり花火大会 市民の家にて

花火撮影は技術3割場所7割と聞いたことがあります。
選んだ場所が地理的に悪いということではありません。
すべて自分の責任・・・誰にあたることもできません。

d0370716_13040364.jpg

# by hotline0210 | 2017-08-23 01:55 | 小千谷市 | Comments(1)

打上開始30分で、、、

平成29年8月19日 小千谷まつり花火大会 市民の家にて

雨の心配もなし、風も大丈夫、暑くもないし絶好の撮影ポイント。
しかし、打上開始30分くらいからちょっとした異変に気付きました。
そう煙が、、、流れないのです。


d0370716_11441765.jpg

# by hotline0210 | 2017-08-22 01:37 | 小千谷市 | Comments(0)

大スターマインで今年も

平成29年8月19日 小千谷まつり花火大会 市民の家にて

今年もおぢやまつりが始まりました。
メーン行事のひとつである花火大会 今年は山本山市民の家で撮影しました。
午後7:15 大スターマインで花火大会開始であります。


d0370716_10343493.jpg

# by hotline0210 | 2017-08-21 01:23 | 小千谷市 | Comments(2)

水面に浮く華麗な花

平成29年8月16日 新潟市福島潟にて

福島潟は、かつて川舟の往来に支障をきたすほどオニバスが生息していたそうです
しかし、近年の干拓や水位の低下等で絶滅したと思われていたのですが
昭和63年ころ生育が再発見され現在に至っているのだそうです

d0370716_15375153.jpg

# by hotline0210 | 2017-08-20 01:28 | 新潟市 | Comments(2)

妖艶

平成29年8月16日 新潟市福島潟にて

ポツリと降ってきた雨に池面がゆっくりと揺れ
その波紋をまるで自分の為の舞台のように思うのか
花はその上でしなやかに踊ります
d0370716_15183013.jpg

# by hotline0210 | 2017-08-19 01:08 | 新潟市 | Comments(2)

オニバスの花

平成29年8月16日 新潟市福島潟にて

朝 夜明けとともに花開き、小さいながらも自分の存在を水面にアピールする
紅紫色の小さな花
朝なのに艶めかしい雰囲気が漂います
d0370716_14562468.jpg

# by hotline0210 | 2017-08-18 01:46 | 新潟市 | Comments(0)

伝説の残る池沼

平成29年8月13日 津南町竜ヶ窪にて

この池にはいくつかの伝説があり「竜神伝説」と言われ現代まで語り継がれている。
季節による水温差がなく水量が多く日照りでも涸れないために近隣村々から水を求めてくるエピソードを
伝説として語られているようだ。
地元の老人曰く「この竜ヶ窪の池には池の主がいて、怒ると怖い」
シャッターを切りながら背中にヒヤリと感じるのは水の冷たさだけだろうか
d0370716_05150236.jpg

# by hotline0210 | 2017-08-17 01:00 | 津南町 | Comments(2)

緑滴る竜ヶ窪

平成29年8月13日 津南町竜ヶ窪にて

湧き出る水が冷たくて沼面に霧が湧きます
その珍しい現象にあちこちからざわめきが聞こえてくる
それを遠くに聞きながらさらに私には写欲が湧いてきます

d0370716_20362078.jpg

# by hotline0210 | 2017-08-16 01:25 | 津南町 | Comments(0)

深緑が似合う風景

平成29年8月13日 津南町竜ヶ窪にて

真夏の緑は新緑のそれと違って目の中に入ってくる景色が違ってきます。
なんというか濃いというか深いというか・・・
そして透きとった湖面と静けさに・・・心が洗われます。
d0370716_20091321.jpg

# by hotline0210 | 2017-08-15 01:10 | 津南町 | Comments(0)