雪のない冬花火

平成31年2月16日 長岡雪しか祭りにて

今年の雪しかまつりには雪がない
それでも花火は誇らしく夜空に舞う
でも
やはり夏のそれとは違い何故か
寂しそうに打ち上げられる
d0370716_20081846.jpg

# by hotline0210 | 2019-02-19 00:06 | 長岡市 | Comments(0)

懐かしき農具

平成31年2月9日 柏崎市高柳町 荻ノ島にて

ここにも昔の必需品があった
田植え機が普及されていない昔
きれいに均された水田にこの枠を転がし
跡が付いた四角の四隅に稲の苗を植えることによって
きれいに田植えをすることができる
昔の農家に重宝された農具のひとつである
d0370716_21541499.jpg

# by hotline0210 | 2019-02-18 00:10 | 柏崎市 | Comments(2)

今はむかし

平成31年2月9日 柏崎市高柳町 荻ノ島にて

雪国育ちの人ならばこの写真をみて
これが何かすぐわかるだろう
除雪機械がない昔 「かんじき」と称して雪原を歩くための履物である
今風に言えば「スノーシュ」と呼ばれている
昔は早朝このかんじきを履いて雪原を容易に歩けるように
雪踏みをして雪道をつくる
そして雪踏みが終わった後 玄関先にぶらさげて家に戻る
朝の作業が終了したひとときの休息の証である
d0370716_21343217.jpg

# by hotline0210 | 2019-02-17 00:05 | 柏崎市 | Comments(2)

日本のふるさと

平成31年2月9日 柏崎市高柳町荻ノ島にて

かやぶきの宿として
有名な集落であるが今は
屋根の修繕費に費用がかかるため
年々少なくなってきているという
d0370716_05074248.jpg

# by hotline0210 | 2019-02-16 00:04 | 柏崎市 | Comments(4)

春への夢

平成31年2月9日 小千谷市山谷にて

後半には10号花火が上がるはずと
予想はしていたが吹雪の為レンズ操作ができない
案の定構図の中に入ってくれなかった
今夜の撮影はこれが限界だとあきらめる
(その後 クライマックスのスターマインが打ち上げられた)
d0370716_04403781.jpg


# by hotline0210 | 2019-02-15 00:05 | 小千谷市 | Comments(0)

雪原花火

平成31年2月9日 小千谷市山谷にて

極寒と吹雪のためレンズがくもり始めて
ソフトフィルターを使用した表現ができた
かすれた花火になってしまったが
自然現象と偶然が重なりあって撮れた作品になった
d0370716_04232175.jpg

# by hotline0210 | 2019-02-14 00:22 | 小千谷市 | Comments(2)

冬花火

平成31年2月9日 小千谷市山谷にて

極寒の吹雪の中
ほんやら洞まつりに伴い
短い時間の中冬花火が打ち上げられた
冬の雪原に白い花火が似合う
d0370716_04150794.jpg


# by hotline0210 | 2019-02-13 00:14 | 小千谷市 | Comments(2)

ほんやら洞まつり

平成31年2月9日 小千谷市山谷にて

小さなほんやら洞(かまくら)の中に
ともされたろうそくの灯りが
春を待つ雪原に幻想的な世界を創り出しました
d0370716_04082015.jpg

# by hotline0210 | 2019-02-12 00:06 | 小千谷市 | Comments(2)

遠い春

平成31年2月3日 小千谷市 山本山にて

今日は魚沼三山が近くに見える
このまま春へと向かうのか?と思ったが
これからが三寒四温が続く
春はまだまだ遠い
d0370716_08581399.jpg


# by hotline0210 | 2019-02-11 00:05 | 小千谷市 | Comments(2)

冬のひととき

平成31年2月3日 小千谷市 山本山にて

青い空に
白い雪景色が良く似合い
信濃川の流れはゆっくりで
日差しの短い冬のひと時を楽しむ
d0370716_16334954.jpg


# by hotline0210 | 2019-02-10 00:10 | 小千谷市 | Comments(2)

雪 紋

平成31年2月3日 小千谷市山本山にて

真冬の一時
少しの晴れ間に誘われ出かけてきた
なんの変化もないただの雪原に
レンズを向ける
d0370716_05571674.jpg

# by hotline0210 | 2019-02-09 00:05 | 小千谷市 | Comments(2)

冬の星

平成31年2月5日 長岡市川口 木沢にて

晴れた冬の夜は空気がピリっと張りつめ
星がよりきれいに見える
星の知識がもっと僕にあれば尚いっそう
撮影にも気合を入れることができるのだが・・・
d0370716_21465105.jpg

# by hotline0210 | 2019-02-08 00:10 | 長岡市 | Comments(2)

誘惑の星空

平成31年2月5日 長岡市川口 木沢にて

星がきれいな夜に誘われて
ここまで来てみた
久しく星空に飢えていたので新鮮に映った
寒さは相変わらずだがそんなことも忘れて
撮影に没頭する
d0370716_21313890.jpg


# by hotline0210 | 2019-02-07 00:30 | 長岡市 | Comments(2)

雪の華

平成31年1月29日 魚沼市 大白川にて

目の中に入ってくる景色を全てをフォーカスしたい
この雪景色をどう表現したらいいか
降り注がれる雪を・・・
白く雪化粧をしたこの風景を・・・
何もわからないままただファインダーを覗き続ける
d0370716_11474024.jpg

# by hotline0210 | 2019-02-06 00:17 | 魚沼市 | Comments(2)

ここにしかない風景

平成31年1月29日 魚沼市 大白川にて

地元の住民がこの景色を見ても素晴らしいと絶賛する
まして都会の若者 雪を知らない外国人がここに来て
絶叫をあげて喜ぶ気持ちも手にとるようにわかる
そして僕は僕で夢中でシャッターを押す
d0370716_11291946.jpg


# by hotline0210 | 2019-02-05 00:28 | 魚沼市 | Comments(4)

雪壁と轍

平成31年1月29日 魚沼市 大白川にて

他県ナンバーの車が2台ほど道路隅で停車していた
こんな場所で事故かな?
と思ったが事故ではなかった
通行量が少ないので停車して雪の轍をカメラに
収めていたのだ
地元ではただの普通の景色なのに都会の人は
この雪壁 雪の轍が珍しく新鮮に見えるという
d0370716_09084960.jpg


# by hotline0210 | 2019-02-04 00:07 | 魚沼市 | Comments(4)

寒い朝

平成31年1月27日 小千谷市塩殿にて

大河信濃は静かな朝を迎えた
道路は凍結してあぶない
川面はゆっくりで・・・流れは止まっている
北風は寒く頬がピリピリ痛い
d0370716_19290330.jpg


# by hotline0210 | 2019-02-03 00:28 | 小千谷市 | Comments(2)

厳冬の朝

平成31年1月27日 小千谷市塩殿にて

瞬間 雪が止み青空が現れた
その青さが大河に映し出されて
白い雪に眩しく反射する
厳冬の朝 寒く厳しい冬の景色を見せてもらった
d0370716_20422747.jpg

# by hotline0210 | 2019-02-02 00:36 | 小千谷市 | Comments(2)

恨み雪

平成31年1月27日 長岡市川口 木沢にて

家を出るときは星がチラホラ
気張って出かけ現地に到着したら・・・
凄まじい勢いで雪が降ってきて撮影を断念
明るくなるまでふて寝をする

d0370716_20223350.jpg

# by hotline0210 | 2019-02-01 00:01 | 長岡市 | Comments(4)

椎谷の岬

平成31年1月26日 柏崎市 椎谷にて

ほんの一瞬 風がやみ時間が止まった
遠くに見える原発の空がピンクに染まり
打ち寄せる波が静かになった
わずか数分の時間しか
撮影時間を与えてくれなかった椎谷を
怨めしく思う
d0370716_21571942.jpg


# by hotline0210 | 2019-01-31 00:01 | 柏崎市 | Comments(4)

待機

平成31年1月26日 柏崎市 椎谷にて

夕方 4:30~ 現場到着 思い描いたとおり屋根に雪がある
そしてこれから始まるドラマを想像して待機
雪がチラチラ舞って風は強い
海岸特有の下から舞い上がるような強烈な風に
カメラぶれしないか心配だ
長時間露出は無理だとあきらめバルブモードに変更
自分の指の感覚で時間を決めることにした
d0370716_21402212.jpg


# by hotline0210 | 2019-01-30 00:38 | 柏崎市 | Comments(2)

冬の温泉街

平成31年1月24日 長岡市蓬平町にて

道路はきれいに除雪され 雪の華はきれいに咲き
訪れた人たちにひとときのやすらぎを
与えてくれる
ここは高龍神社と温泉宿がある蓬平温泉
d0370716_04420995.jpg

# by hotline0210 | 2019-01-29 00:30 | 長岡市 | Comments(2)

透き通る白い雪

平成31年1月24日 長岡市蓬平町にて

今夜は降雪こそないがかなり寒い
たぶん 0℃くらいか?
この寒さで樹に降り積もった雪も溶けないで
そのままの状態
その白く透き通った雪にLEDを照射してパチリと一枚
d0370716_21425209.jpg

# by hotline0210 | 2019-01-28 00:10 | 長岡市 | Comments(0)

もう一つの雪景色

平成31年1月24日 長岡市蓬平町にて

同じ長岡市内でもここまで来ると雪の量は
かなり多い
それでも今年の雪は少なくて生活が楽だと
地元のお年寄りは喜んでいる
d0370716_21242594.jpg


# by hotline0210 | 2019-01-27 00:23 | 長岡市 | Comments(4)

霧が晴れて

平成30年1月20日 小千谷市塩殿にて

せっかく解錠したので昨年一月のお宝箱からもう一枚

晴れてきた川霧からS字に曲がった大河が
見え現れてきた
この写真だけを見ていると極寒とは感じないが
機材の動きは悪く
吐く息は白く 足の感覚 指先の感覚がわからなくなって
いたことを思い出す
d0370716_05514901.jpg


# by hotline0210 | 2019-01-26 00:05 | 小千谷市 | Comments(6)

湧きだす霧

平成30年1月20日 小千谷市塩殿にて

昨年1月のお宝箱からもう一枚
写真も一年間熟成させると進化するのか?
独り言のように問いかけるが
作品の中の霧は無口である
d0370716_05575509.jpg

# by hotline0210 | 2019-01-25 00:30 | 小千谷市 | Comments(2)

朝の川霧風景

平成30年1月20日 小千谷市塩殿にて

昨年1月のお宝箱からの一枚
朝日が昇ると同時に川霧が湧いてきた
確かこの30分くらい後には霧で何も見えなく
なってしまったように記憶している
d0370716_05513652.jpg

# by hotline0210 | 2019-01-24 00:05 | 小千谷市 | Comments(4)

春のおとずれ

平成31年1月19日 長岡市栃尾比礼にて

まだまだ極寒はこれからなのに
水面が覗いている田を切り取ってみると
春がそこまで来ているような錯覚になる
ここだけ雪が積もらない?
詳しいことはわからないが少しづつ
春のおとずれを感じる
d0370716_04025568.jpg

# by hotline0210 | 2019-01-23 00:01 | 長岡市 | Comments(6)

雪の色

平成31年1月19日 長岡市 栃尾比礼にて

雪の色を表現するのに白だけとは限らない
WBを太陽から蛍光へ変更
青味を少しづつ調整しながら露出もアンダー方向へ
すると
白い雪ではなく少し青味を帯びた柔らかい雪質感を
表現した作品になった
d0370716_05510562.jpg

# by hotline0210 | 2019-01-22 00:02 | 長岡市 | Comments(4)

大自然とのコラボ

平成31年1月14日 埼玉県秩父 三十槌の氷柱撮影にて

夜空が澄んで星がきれいに出ていた
寒さに耐えられなくて帰ろうとしたが
この場面を写真に収めたくてかなりの時間を費やした
つま先の感覚がなくなり始めてきたので途中で断念した
d0370716_05482511.jpg

# by hotline0210 | 2019-01-21 00:10 | 埼玉県 | Comments(2)